プロフィール

もっちぃ

Author:もっちぃ
管理人の学生生活とかそのへんの日記です。
最近では恋愛ネタとか結構多いですょ。

この春大学生になるもっちぃです。 普段はだらだら生活してて部活を引退してから運動というものを一切してないので、お腹周りに驚くほど脂肪さんが集まってきてるわけで・・・。 とゆうことで、何とか入学式までに2,3kgくらい減らしたいと思ってる今日このごろです。メッセしてる方はぜひ登録を→mottyi_o@hotmail.com 登録していただいた方は何か一言もらえるとうれしいです。
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

あぁ・・・
どうも、最近恋の病に侵されて頭がどうにかしちゃってるもっちぃです。

(・∀・)今日っのはっなしっはな~んだ~ろな~っ☆
                        ヤカマイイワボケガ!(゚Д゚)
うぅううぅぅぅうう・・・・・。
またやらかしてしまった・・・。あそこで気づくべきだった。。。
今日も朝から4時までの間Kさんと時間が同じだったので幸せでした。
好きな人と一緒に入れる時間って何にも変え難いですよね。。。好きなうちは。(ォィ

とまぁ冗談はさておき、今日はなにをやらかしたかというとですね。。。
まーあれですわ。俺が新しい商品を空いたところにどんな感じにディスプレイしようか考えていたところに彼女が来たわけですよ。
そして一言、「手伝いましょうか?」。



・・・・・・・・・・・・・・っくおおおっぉおおおぉぉぉお!!!
キテるっ!キテるよこれっ!って思いましたよ。いや、本気で。
そんでもってアドレナリンの分泌量といえば何方かの曲じゃーありませんが100ℓは出てたでしょう。
あんまり嬉しいもんで俺の作業の手も止まっちゃうってもんでさぁ!(ヤレヨ

そんなこんなで一緒に作業することになったわけです。
そこで彼女からこんなことを聞かれてしまいました。
それは・・・・「もっちぃ君って彼女いるの?」
・・・・・・・・・・「もっちぃ君って彼女いるの?
・・・・・・・・・・「もっちぃ君って彼女いるの?



俺は答えた。
    俺「いやー・・・高校は男子ばっかりだったからいないかな・・・
   Kさん「あー、いないんだー・・・

その後は沈黙となり、時間だけが過ぎていった。
また会話が復活して、話題はメッセやスカイプの話へ。
この流れならアドレスを聞ける!俺はそう思った。そう、思ったんだ。


思っただけで聞けませんでした!俺はなんてチキン野郎なんだ!馬鹿!
自分のチキン加減に自らが情けなく思えてしまったこの瞬間。さらに悲劇は続く。
しばらくして、彼女に異変が。
kさん「何か寒いねー・・・。」そう、彼女は寒かったのだ。
その場所はちょうど空調機の風がピンポイントで当たる場所だったので、寒がるのも無理はない。
さらに彼女は薄着だったので、余計に寒かったのかと勝手に解釈。
俺の分厚い体を隔てているとはいえ、さすがに空調機の風を遮ることはできなかったらしい。
しょうがなく俺は彼女に「寒ければほかのとこやってきなよ」と一声かけた。
当然彼女はほかの売り場へ行き、俺はその場に一人たたずむことに。
まだ残っていたものをちゃっちゃと展示してその場を後にした。

あとは会話という会話はほとんどしていないので、アドレス交換はできなかった。その後、時間が来るまでレジに入って今日は終わった。


ぐぞおおぉおぉぉぉ;w;w;w;w;くそっ!くそっ!くそっ!!何で俺はあの時言わなかったんだ!
彼女がいるか聞かれた後に、「俺の好きなタイプはねー・・・・Kさんみたいな人かなー。○○で○○で○○なところが好きなんだー」って!そうすればもう半分告ったも同然じゃないか!
アドレス聞くのすっ飛ばして半分告白でもいいじゃないか!


・・・・だが、それに気づいたのはレジに入ってからのこと。
俺は後悔した。これまでにないほど後悔した。人生でこれほど後悔したことがあったろうか。
しかし、彼女からこんな質問があるってことは案外脈あり?とか思ったりもしちゃうわけで。
そんなことを考えてる俺にさらに追い討ちがきた。それは客からのクレーム。
うちは100均なので、1個でポケットに入るようなやつはテープで済ませている。
なので俺は「おしるしだけでよろしいでしょうか?」と客のジジイに聞いた。
するとジジイはこういった。「は?何?おしるしでよろしいでしょうか?よろしいでしょうかというのは袋に入れないのでお印にテープだけでもよろしいでしょうかのよろしいでしょうかのこと?よろしいでしょうかの使い方間違ってるでしょー。君もっと日本語勉強したらどう?」と。
普段外面だけは温厚な俺もその一言でキレそうになった。が、そこは我慢どころと思い、何とか鎮める。
その場でぶちのめすことも容易かったが何とか我慢して適当に流すだけですんだ。するとジジイが「君人の話聞いてないだろ?」
えぇ、もちろんそうですとも。てめーのたわごとなんか聞いてられっか。まともに聞いたら殴り飛ばしちゃうので^w^w^と心の中で思った。
今度からそいつが来たら無愛想で適当な対応をしてやろうと思う。


本日も大変長々と書き連ねてしまいましたが、飽きずに最後まで読んで下さってありがとうございます。よろしければコメントいただけると嬉しいです。


皆様のご協力により、毎日少しずつではありますが順位も上がってきております。これからも、どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ←俺の恋が実るようにクリックお願いします!
スポンサーサイト
恋話 TB(0) CM(2) 

New LogTop LogOld Log

たこ URL 2007/03/19 23:46 #yovt0wio EDIT
なんか青春エンジョイしてるなぁ。
わしは恋バナは苦手だから何もアドバイスはできないけど
応援してまっせ(((  ̄ー)_且

もっちぃ URL 2007/03/20 22:55 #- EDIT
ぜひ応援してくれたまへ。
・・・・あー、あぅぁ・・・・。

COMMENT


PREV PAGE   TOP   NEXT PAGE

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。